ヘアケアで大切なシャンプー方法

頭皮や髪に必要な成分がしっかりと浸透してくれる

ヘアケアヘアケア|美的.com

予洗いを行うことでシャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮や髪に必要な成分がしっかりと浸透してくれるので、シャンプーのメリットを活かす上でも予洗いは重要だと実感しています。
予洗いの注意点としては、お湯の温度を熱すぎないようにすることで、お湯の温度が高いと必要な頭皮の皮脂まで除去してしまって乾燥の原因になってしまうこともあるので、37?38度くらいの温度で洗うのがベストといえます。
シャンプーする際は、髪を洗うのではなく頭皮を洗うという意識を持つことがポイントで、予洗いしている時点で髪の汚れのほとんどは落ちているので、シャンプーの泡がつくだけでも十分に洗浄されているといえます。
予洗いをするようになってからは、今まで泡立つまで時間がかかったりシャンプー剤を後から足して泡立てていた手間もなくなりましたし、大量に使わなくても簡単に泡立ってくれるので、節約にも繋がりました。
シャンプーは髪にダメージを与えるものでもあるので、できることなら1回で済ませるのがおすすめですが、ジェルやワックスなどといったスタイリング剤を付けている場合では1度のシャンプーで泡立てるのが難しくなるため、1度目のシャンプーでスタイリング剤が付いている箇所にシャンプー剤を馴染ませてから流し、2度目のシャンプーでしっかりと泡立てることがコツとなります。

遺伝の影響で薄毛になると思っている頭皮や髪に必要な成分がしっかりと浸透してくれる洗うだけで髪や頭皮に潤いを与えられる栄養成分